三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« コンビニでギフト券って使うか? | Main | bk1ブリーダーズプログラムにも入ってみました »

図書券がなくなる日

 昨日の記事でギフト券(ギフトカード)はお釣りでないって書いたんだけど、じゃあ、お釣りの出る金券はというと、図書券全国百貨店共通券、それにデパートやスーパーが出している商品券くらいじゃないないかな。
 金券というのは、受け取った販売店は、必ずそれを換金しなければならないわけだから、手数料やそれにかかわる事務コスト負担が発生するので、現金での販売に比べて不利。その上、お釣り(現金)を払っていたら、販売店からすれば、手数料負担のある金券を現金で買っているのと同じこと。それではかなわないと、大抵の金券はお釣りは出さないようになっている。
 そんなわけで、お釣りが出るのは自分のところの店の商品券だとか、そういう例外だけなんだけど、図書券というのは、そんな中でお釣りが出る金券としてはメジャーな存在。
 せこい話だが、図書券は金券ショップにも大量に置いてあるので、そこで安く(480円~485円くらいかな?相場)買って、例えば600円の本を、500円券2枚で買うと、400円のお釣りが戻るから、実質負担は560円~570円程度と、購入者にとっては6~7%引で買え、ちょっとお得。
 一方、販売店にとっては、換金コストを負担するという点では、他の金券と一緒なので、高額のお釣りが出ないためだろう、図書券は500円券と100円券と高額の金券がない。それでも、書籍というのはもともと薄利な商品であるためか、図書券が収益を圧迫する要因にもなっているのだろう、図書券そのものをはだんだんと廃止してしまおうという方向にあるらしい。
 今では、お釣り不要のプリペイドカード方式の図書カードに力を入れており、昨年の11月からは、鳥取県、島根県では図書券の販売を中止した。間違いなく、全国に広げて行く構え。
 僕は、ギフト券と違って、図書券ってわりと使うので、なんだかな、という感じだけど、単にお釣りの問題ならおつりは出さないことにすればいいわけ、廃止の方向に向かっているのはむしろ事務コストが負担なのかな?

« コンビニでギフト券って使うか? | Main | bk1ブリーダーズプログラムにも入ってみました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/188316

Listed below are links to weblogs that reference 図書券がなくなる日:

» 図書券がなくならない街、静岡 [百鬼夜行]
掲題の通り、静岡市にお立ち寄りの際は、金券ショップにて図書券をお買い求め下さい。 [Read More]

« コンビニでギフト券って使うか? | Main | bk1ブリーダーズプログラムにも入ってみました »


アクセスランキング
無料ブログはココログ