十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 周迅(ジョウ・シュン)迷 | Main | 勝ったものが強い »

週刊文春出版差し止めの件

 例の田中真紀子さんの長女の離婚記事の件。
 賛否両論あるようですが、僕は妥当な判断だと思うし、判決を支持したい。
それに対して、確かに私人のプライバシーの問題はあるが、出版差し止めまでやっちゃうのは、出版の自由の問題もあるし、行き過ぎなんじゃないの?というのが一般的な意見でしょうか。
確かに、「なるほど」とは思うんだけど、これ自分だったら嫌でしょう?ウチの親は別に有名人じゃないからそんな心配ないよ、とか関係ないよって思うかも知れないけど、だいたい件の長女にしたって、「なんだ真紀子さんには雄一郎(長男)の他に娘なんかいたのか。」程度の知名度の人。そんなのが文春に載っちゃう。今はネットもあるから、関係ないなんて言っていられないじゃないでしょうか。
 ただ、効果という点では差し止めはかえって逆効果でしたね。だいたい出版差し止めと言ってもほとんど「差し止め」になってない。知りませんでしたが、なんなんでしょうあの命令は???かえって話題になってしまったことは明らかで、一番得をしたのは売り上げといい話題性といい他ならぬ文春なんでしょう。

« 周迅(ジョウ・シュン)迷 | Main | 勝ったものが強い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

おおむね同感です。私は3月の始めに週刊文春へメールにて「訣別宣言」なるものを送りました。何故かと言えば、このごろ余りにもワイドショー的な記事が多すぎて、つまらなくなったところへ、300円から320円へ値上げしたからです。宣言の趣旨は、「驕る無かれ」でした。「言論の自由」を振りかざせば良いというものでもありません・文春は大いに反省すべきでしょう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週刊文春出版差し止めの件:

» 週刊文春問題 [To::Kill::Time]
週刊文春 さて、この話題です。 結論を先に言えば、言論の制約よりもはるかにプライバシーの方が重要かと。文春側は出版禁止をされたのにも関わらず、既に出... [Read More]

» 政界の伝統 ― 世襲 [象牙の塔]
週刊文春出版差し止めの件 田中真紀子の長女についての記事の指し止めの件に限定しても、私が ― そしておそらくは多くの出版社が ― 週刊文春 の立場を支持す... [Read More]

« 周迅(ジョウ・シュン)迷 | Main | 勝ったものが強い »


アクセスランキング
無料ブログはココログ