十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« イラク人質事件 | Main | 「冬ソナ」ブログをまわって教えてもらったこと »

人質事件と冬山遭難

 イラクの人質事件、不謹慎ながら、僕はてっきり助からないと思っていましたが、解放されることになったとか。リスクマネジメントの専門家である敬 美也さんは帰ってくると明言されていたし、極東ブログでも同じような記事が、まぁ、わかる人にはわかるんでしょうね。僕にはどういう経緯でこうなったのか、さっぱり見当がつかないんですが・・・まぁ、まずは良かった。
 さて、今回の事件、政府・外務省の対応はいろいろ批判されているようですが、僕は評価していいと思っています。小泉政権発足当初の外交問題での右往左往ぶりからすると隔世の感があるくらい。自衛隊を派遣すれば、ある程度、想定できる事態ですから、もしかしたらマニュアルどおりの対応だったのかもしれませんね。
 また、コメントもいただきましたが、僕はこういう事件が起こると予想される、「自衛隊は撤退せよ」という意見がむしろ意外に少なかったんじゃないかなぁ、という印象を持ちました。ダッカ事件の際、当時の福田首相はテロの言いなりになり国際的に失笑を買いましたが、人命救助一色の世論を考えると当時の日本としては仕方のない判断だったのかも知れません。その時に比べると、日本人の意識も大分変わったのだろう、と思います。ペルーの日本大使館の事件あたりからでしょうか?意識が変わってきたのは。
 人質になった3人に対しては、いろいろ批判がでてきているようですが、シアターフォーラムでご一緒しているぴなさんのサイトを覗くと4月10日付けでこんな記事が載っていて、なるほどなぁ、と感じました。

 イラクで人質になった3人。退避勧告が出ている国に敢えて
 入っていったんだから、どうしようもないなぁ・・・、と思います。
 それを、友人は「冬山登山で遭難した人と同じ」と喝破した。

と、考えると、人質になってしまったから、自衛隊を撤退させろ、なんていうのは筋違い。彼らも皆、大人・・・いや一人18歳の子がいますが・・・で危険は承知で行っているわけですから。

ところで、前回ちらっと書いた勝谷誠彦氏。僕は、西原理恵子のマンガに出てくる「ホモ カッちゃん」のイメージしかないんだけど、彼が自分のサイトで気になる文章を書いています。

 24時間以内に日本人の人質は解放されるそうだがあまりに
 不確定要素が多いので断言を避ける文章になることは仕方
 がない。ここ数日実に私らしからぬ(笑)慎重な言い回しに終始
 していることに長年の読者ならばお気づきかと思う。大丈夫だよ。
 無事帰ってくるなり結末が出れば大爆発するから。

大爆発・・・って何を知っているんでしょうね、この人(プロ市民と自作自演とかいう話かなぁ???)。

ともあれ、無事に帰ってきてもらいたいものです。

« イラク人質事件 | Main | 「冬ソナ」ブログをまわって教えてもらったこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

TBありがとうございます。

この事件、ネット上では自作自演だのなんだのと騒がれているようですね。 どちらにしても、まったくお騒がせな人達です。

さて、登山をたしなむ身としては、冬山登山とは違う!と叫びたくなって一呼吸。。。確かに、 「 自己満足のために危険を冒す 」 という部分、登山に限らず、モータースポーツ等にも言えることですが、本質的な部分において共通性があるのかなと思いました。 「 予測される危険への対応 」 という点で大きく違いますが。 あ、論点はソコではないですね(笑


今回の事件で考えさせられたのが、

 被害者は気の毒だが自己責任
 もっとも悪いのは犯罪を犯した犯人グループ
 自衛隊に非は無い

という基本が、なぜか

 悪いのは自衛隊

というような論調に変わっていますね。
さてさて、どのような結末を迎えるのでしょうか。

こんばんは。TBありがとうございました。
まいくろといいます。

声明通り3人が解放されて、こちらに帰ってきたとき、どんなコメントをするのか、周囲はどんな反応をするのか、論争が向かう所は・・・とても気になります。

最初に飛び出す言葉は・・・なんでしょうね。
謝罪?御礼?
・・・まずは本当に開放されて帰国されるのを待たないとですが。


はじめまして。
TBありがとうございます。

いろいろなコメントが飛び交ってますが、
とりあえずは、生きて帰ってくることの方が先ですね。
真実が闇に葬られないようにして欲しいものです。

Trackbackありがとうございます。
はじめまして。Ayと申します。

今回の人質事件における日本マスメディア側のスタンスはダッカの航空機乗っ取り人質事件におけるテロリストに屈した超法規的措置(法律なんてくそ食らえ)を賛美/絶賛しているように感じたので、非常に驚き危惧しました。しかし、世論調査で過半数の方が自衛隊を撤退することに反対であったことは、私を安堵させました。
とにかく、今回の人質は解放するらしいので、無事に日本へ帰国できる状態になることを待ちましょう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人質事件と冬山遭難:

» 姿勢 [人生やる気無し]
今、ニュース見てたわけですが。 被害者家族のインタビュー、時間が差し迫ってパニ [Read More]

» [我思う]イラク邦人人質事件 [賢者の贈り物]
ネットでは様々な議論がされている。 その中で、「自衛隊派遣と同じまな板にのせるのはどうなの」という言葉が 印象に残った。 この事件を調べようと思ったのが... [Read More]

» イラク人質の家族について [一日一行]
日曜日の午前、テレビ出演していた家族の発言に驚きました。 無事に帰ってきたあと、本人が再びイラクに行くと行ったらどうしますかという質問に対して、「彼らはイラク... [Read More]

» 「プロ市民」批判は批判されるより他ないのである [ウーロンのブログ]
今回は微妙にワイルドな文体でお送りしてみます。 イラク人質問題で拉致被害者の家族をとやかく言う声がでた。特にネット上で目立った。 問題はそれがしょせんはいわゆ... [Read More]

« イラク人質事件 | Main | 「冬ソナ」ブログをまわって教えてもらったこと »


アクセスランキング
無料ブログはココログ