三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« おい!大阪元気だそうじゃないか! | Main | あややヲタになりました »

日本振興銀行開業

 先日、新生銀行は(新生がどう思っているかはともかく)「僕みたいなお金もあまりない人間にとっては思った以上に使える銀行だなと感じました」、と書きましたが、新生が個人リィテールだとすれば、中小・零細企業のための銀行を標榜して先日設立されたのが、木村剛氏が参画していることで有名で「木村銀行」とも言われている日本振興銀行
 
 とはいえ、木村氏以外のメンバーは週刊誌でも散々叩かれていた落合氏や、JCに対しても僕は元々良い印象を持っていないせいもあり、あまりいいイメージを持っていませんでした。それに日銀出身の「エリート」木村剛氏が本気で中小・零細企業相手の商売なんか考えているのかなぁ、なんて・・・ようは全部偏見なのですが、とにかく、まぁ、なんとなく信用できないなぁ、と感じていました。

そんな中、木村氏の最新刊『借り手のための金融戦略ペーパーバックス』を読んで、少なくとも、木村剛氏はこのビジネスに本気で取り組んでいるんだな、と感じ、僕も応援していこう、と思いました。
 
kimura1.jpg
借り手のための金融戦略ペーパーバックス

木村氏の著作はそれほど読んでいるわけではないので偉そうなことは言えませんが、この本は、木村氏の一連の著作で語られるコンセプト「ニッポンスタンダード」でしたっけ?そのダイジェスト版みたくなっているように感じました。ですから、僕のようにお手軽に木村氏の考えを知りたい、という人にはお勧め。薄いし、字も大きいし、なにより安い(キャピタルフライトだとか通貨の堕落だとか投資戦略だとか、その手の話は書いてないので、別の本読んでください)。難点は、表紙が「オールバックのおじさん」なので電車の中で読むのはちょっと恥ずかしいです。。。

木村氏には、以前から『スモール・エクセレント・バンク―こうすれば地域中小金融機関は生き残れる』なんて著書があって、なんで木村氏はこんな本書いているのかなぁ、と思っていたのですが、このビジネスには今回の前から関心があったからなんでしょうね。

なるほど、確かに、今の日本の金融には、銀行と商工ローンの間の資金調達手段がありません。貸し手主導の金融であることもそう。振興銀行そのものは銀行の1支店にも及ばない規模ですが、このビジネスが成功すれば、木村氏の目論む借り手主導の金融が成立するようになるのかも知れません。

ただ、JCの平氏のインタビューは、なかなか面白かったんですが、本書でも触れていますが昔の銀行ならともかく、今の銀行は随分変わっています。ただ、銀行で融資をしてもらった経験のある人は少ないでしょうから、こういう話は読者にちょっと誤解を与えるかもしれません。
また、平氏はインタビューを読むと、銀行にいいようにあしらわれていたようにも感じます。このあたりは、銀行取引に慣れたブレーンがいると随分違います。そういう意味でMSPはある意味、振興銀行以上に重要なサービスだと思います。

また、本書には竹中チーム時代の木村氏の行動にも触れています。当時の僕は木村氏に対しては「何を考えているんだ」と嫌悪感すら感じていたので(僕は、その頃、木村氏が『通貨が堕落するとき』でめちゃくちゃこき下ろしているリチャード・クー氏とかミラーマンこと植草センセイの考えに近かったのです)、なるほどそういうことだったのか、と合点がいきました。ただ、竹中プランが金融行政を転換させ、不良債権問題を前進させたのは確かですが、それと景気回復とまで結びつけちゃうのは言いすぎ。というか関係ないと思います・・・。

まぁ、そのあたりは余談なので、とにかく、確かに、振興銀行がターゲットとしている銀行と商工ローンの間のお客さんというのは一杯いるし、もの凄く必要とされているビジネスだと思います。ただ、まーねこさんも指摘されているように、よその銀行を断られた企業が借りに来るわけです。
木村氏としては「零細企業なんだから、ちゃんとした資料なんかねぇよ」というところなんでしょうけど、国民生活金融公庫に勤める僕の友人の話を聞くと、既に公庫レベルでも「バクチじゃないんだから、そんなんで金貸せるわけないだろう」みたいなお客さんがたくさんお越しになられるようです。眼力っつたってねぇ・・・みたいなのもたくさんいらっしゃる中での融資です。MSPが普及すればともかく、当初はかなりリスキーな融資かと思います。

ともあれ、需要はあります。頑張れ振興銀行。お金たまったら、1%の定期預金しにいくからね。


« おい!大阪元気だそうじゃないか! | Main | あややヲタになりました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/529279

Listed below are links to weblogs that reference 日本振興銀行開業:

» 日本振興銀行の預金が100億円を越えました! [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「元気があれば銀行もできる!」(by「29ma [Read More]

» 理想を失った日本振興銀行 [1喝たぬき]
日本振興銀行は中小企業のための銀行であり、それらの企業と日本振興銀行がどこまでも共に歩み、応援していく様子・・・週間!木村剛に記載された、この文章が空々しく思えるのは俺だけだろうか?... [Read More]

» スモール ビジネス ローン その2 [スモール ビジネス ローン]
ローン 時流見聞録 - MSN マネー時流見聞録. サービスの幅広がるスモールビ... [Read More]

« おい!大阪元気だそうじゃないか! | Main | あややヲタになりました »


アクセスランキング
無料ブログはココログ