三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 大前研一の『日本の真実』 | Main | 百鬼夜行~タイトルの由来とか好きな本とか »

ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code

 絶賛されているミステリーで、本屋さんでも平積みで山ほど売っている本なので、期待して読んだのですが、正直、僕にはあまり合いませんでした。きっと同じ感想を持った人がいるんだろう、と思って、ちらちらっと他の人のブログを回ってみたのですが、「面白い」という方ばかり。まぁ、わざわざ、つまらないと思うものは紹介しないんでしょうけど、どうも僕の感性がおかしいのかなぁ。。。


(これ以降少々ネタバレ)


 イマイチ、はまれなかった理由はいくつかあるんですが、事前の書評で、「西洋史や美術の薀蓄が云々」という部分に期待しすぎたせいもあるんですが、「キリストに奥さんがいて、子孫もいた」、と言われても、キリスト教徒なら衝撃的な事実なんでしょうが(実際、小説の中でもその秘密を持つゆえにテンプル騎士団は力を持っていたと解説されている)、僕には「そういやキリストって独身だったっけ?」「まぁ、いてもおかしくないわな」程度の印象しか持たなかったのが一つ。それと、小説で薀蓄という京極夏彦ファンである僕は、京極堂の薀蓄に慣れてしまっていて、ラングドン教授やサー・ティービングの解説はあっさりしずぎで、あっ、そんなものかな、と思ってしまったこと。  
 暗号の解読も、好きな人ははまるんでしょうけど、モノが外国語なので(まぁ、外人さんの作品なんだからしょうがないんですが・・・)、今ひとつピンとこないのと、同じような暗号の謎解きの繰り返しで、僕はだんだん飽きてきてしまいました。

とはいえ、一定水準以上の作品なのは確か。上下巻で読むのが大変そうに見えますが、実はわりに簡単に読み終えれますので、気軽に手に取れる本です。

dabinnti1.jpg
ダ・ヴィンチ・コード (上)

dabinnti2.jpg
ダ・ヴィンチ・コード (下)


« 大前研一の『日本の真実』 | Main | 百鬼夜行~タイトルの由来とか好きな本とか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

トラックバックありがとうございました。新しい素材と切り口が新鮮、面白い。

アタシは面白かったですよ。
西洋史好きだし。ダ・ヴィンチファンだし。翻訳楽しみにしてた。
確かに、ダ・ヴィンチやキリスト教に興味なければそうかもしれませんね。共通認識の問題。『実は天皇家は・・・!!!』とか『え!?聖徳太子が○×△!!』とかだったら、日本人にもぐっとくるのかも。
あと、男女でも衝撃度が違うんじゃないのかしらん?私は女なので、マグダラのマリアの件はキタ!!でもこれも、まずマグダラのマリアに関して共通認識があっての話ですね。

何にしても、非常に万人に読み易いのは確か。
京極みたいに『ダラダラ続く薀蓄が癖になる』みたいなところを期待すると違うかも。

私的には、「薔薇の名前」以来の大ヒット!勿論、いかにもハリウッド映画的というのはいささか鼻につくものの、読み易くしかもいろいろな事が分かるのは楽しかったです。
ただ、元ネタがかなり有名ですので現在、そちらの資料文献を漁ってます。角川さんや本家のHPにも情報がありましたが、足りない部分や恣意的な説明が多かったので自分で用語集もどきまで作ってしまいました。暇人な私。これで院の単位を落したら洒落にならないけど(苦笑)。
バイト先のネットショップで趣味と実益を兼ねて情報公開中。ただ、制約があるので自分でも独自サイト立ち上げを検討中。もう少し資料が集まったら、そのほうが楽しそうだし・・・。
お邪魔しました~。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/949566

Listed below are links to weblogs that reference ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code:

» ダ・ヴィンチ・コード(上・下巻)読了 [Matilda Blog : Nervous every day]
映画で言うと、ジェットコースター・ムービーみたいなミステリ? 謎と謎解きが整理してあって、かなりおもしろかったけれど、キリストの時代から現代にいたるまでの時間の... [Read More]

» 徹夜本。 [hatchblog]
(楽天ブックスでの詳細) 現在ハマっているのが「ダ・ヴィンチ・コード」。 まだ上巻ですけど、面白いです。... [Read More]

» 非の打ちどころのない超大作☆ [たろたろ日記]
会社に行くと、わたしの机にハードカバーの本が2冊(^^ゞう? なんだろって見てみたら『ダ・ヴィンチ・コード』(ダン・ブラウン著)上下巻がw会社の課題図書で、読め... [Read More]

» 読んでいますよ [よいよいーっ!そのことよぉ!]
久しぶりに本なんぞ買ってみる。 Amazon.co.jp: 本: ダ・ヴィンチ・コード なり。 むむむ。絵画(ダヴィンチ)などとはほど遠い世界の人間や... [Read More]

» 最近ものすごく気になる本:ダ・ヴィンチ・コード [the diary of arai yusuke]
まだ買ってないけど、ものすごく欲しい本、それは「ダ・ヴィンチ・コード 」。 なんか、流行ものなので、ミーハーっくて恥ずかしいけど、でも気になる。 本屋に行くと、... [Read More]

» ダ・ヴィンチ・コード(上・下) [続コースケの独り言]
評価★★★★★ダ・ヴィンチ・コード、久々のエンタテイメント傑作です。あらすじは・・・(byアマゾン)ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で... [Read More]

« 大前研一の『日本の真実』 | Main | 百鬼夜行~タイトルの由来とか好きな本とか »


アクセスランキング
無料ブログはココログ