十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 名古屋ビジネスホテル事情 その2~レオパレスホテル名古屋 | Main | 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- »

SPIRIT~久しぶりにジェット・リーらしい作品

spirit久しぶりに、ジェット・リーらしい映画を観ました。『SPIRIT』(原題『霍元甲』)は、精武門の創始者フォ・ユァンジア(霍元甲)の伝記映画。

・・・・・最初からネタバレになりますが・・・・・

MANGAさんも指摘されていますが、ブルース・リーの代表作『ドラゴン怒りの鉄拳』は原題が精武門。日本人に毒殺された武術家の弟子が仇を討つ物語。その毒殺された武術家はフォ・ユァンジア(霍元甲)。つまり、『SPIRIT』は、『ドラゴン怒りの鉄拳』の前編に当たるというわけ。

そんな予備知識があったせいで、「最後、死んじゃうのかなぁ」なんて思いながら観ていたので、ラストはあんまりビックリしなかったこと、それにストーリーもそんなに凝ったものじゃなかったこともあって、僕の好きな「泣き系」の映画じゃないんですが、そんなことを吹き飛ばすくらいジェット・リーのアクション・シーンが絶品。

正直、最近の彼の映画(『ヒーロー』とか・・・)は僕にはこの点が物足りなかったんで、「そうだよ。これだよ。これが、ジェット・リーだよ」と思いながら観ていました。これもDVDじゃダメです。観てない人は劇場で観ましょう。

そのアクションシーンですが、最後に対決する日本人武道家は中村獅堂。いくらなんでも、ジェット・リー相手に獅堂で大丈夫なのか、と思いましたが、なかなか圧巻でした。そうそう、『ラスト・サムライ』以来、ハリウッド的には、すっかり悪役日本人イメージなのか、毒殺を画策する日本人実業家(?)役で原田眞人がでています。

そうそう精武門と言えば、ドニー・イェン(甄子丹)主演の香港のテレビ番組があって、ブルース・リーと同じ、フォ・ユァンジアの弟子 陳真役で出ていて、これがわりと面白い。TSUTAYAにおいてあると思うので、興味のある方はオススメします。

« 名古屋ビジネスホテル事情 その2~レオパレスホテル名古屋 | Main | 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- »

亜洲電影」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SPIRIT~久しぶりにジェット・リーらしい作品:

» スピリット(SPIRIT) [わかりやすさとストーリー]
●ドラゴンボール方程式(少年誌パターン)からの卒業を目指すも、物語の基本型にすっぽりハマッて目新しさはない●なにか裏がありそうな題材選びに、ジェット・リーの行く末が気になるところだ(余計なお世話?)。... [Read More]

» SPIRIT -総合格闘技の原点 [殴リBLOG]
監督 ロニー・ユー  脚本 クリスティン・トー、クリス・チョウ キャスト ジェット・リー、中村獅童、スン・リー、ドン・ヨン、ネイサン・ジョーンズ、コリン・チョウ  アヘン戦争後(1910年頃)の中国が舞台。列強諸国は、上海に総合格闘技のリングを設置。マッチョマンの“雄牛ヘラクレス”が、体の小さな中国人武道家を次々に破っていた。そこに現れた霍元甲(フォ・ユァンジア)(ジェット・リー)… ブルース・リーに�... [Read More]

« 名古屋ビジネスホテル事情 その2~レオパレスホテル名古屋 | Main | 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- »


アクセスランキング
無料ブログはココログ