三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ | Main | ゆれる »

時をかける少女

Tokikake
時をかける少女』(9月27日 静岡 静岡東宝会館

地方在住だと、なかなかこの手の映画は観れないんですが、なぜか、名古屋に先行して静岡で上映しているので、観てきました。まぁ、東京に戻ったときに観ればいいんですが、わざわざ、時かけってわけにもねぇ。。。

映画館では、レディースデイというのはありますが、メンズデイというのはあまり聞かない。
ところが、静岡の映画街七間町の映画館は、毎週水曜日がメンズデイで、男性は1本1000円で映画が観れます。男性にはやさしい街です、静岡。大変、オトクです、ハイ。ちなみに清水のMOVIXは月曜日。

で、「時かけ」。平日の昼間なのに、結構、人が入っていました。
なんでも、監督の細田さんは、ジブリの「ハウル・・・」の監督に抜擢された(で、途中でクビになった)人なんだそうで、同じ時期に派手に公開中のジブリの宮崎ジュニアの「ゲド戦記」とネットでは比較されて語られているようですが、なかなか高評価の様子。で、期待して観にいったのですが、なるほど、高評価を受けているのは頷けました。私はアニメってちっちゃい頃も含めてあまり見ていないせいか(親と同じ番組みてたんですよね)あまり馴染めないんですが、そんな私でも、なかなか面白かったです(一方、ゲドはボロカスのようですね)。

内容は原作のアニメ化ではなく、設定を現在にした原作の続編です。原作で主人公だった芳山和子は本作の主人公紺野真琴の叔母として登場します。芳山和子と紺野真琴は叔母と姪と言ってもタイプが全然違うようで、話も原作とは全く違う展開だったんですが、最後はやっぱり「時かけ」でしたね。「あっ!」と思いました。

« スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ | Main | ゆれる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/12104599

Listed below are links to weblogs that reference 時をかける少女:

« スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ | Main | ゆれる »


アクセスランキング
無料ブログはココログ