三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 高杉良『腐蝕生保』その2~生保版 島耕作みたいな話 | Main | ELTデビュー10周年 »

高杉良『腐蝕生保』その3~生保のおばちゃんと不倫して駄々こねて辞める話

いちおう、下巻まで読みました。

高杉良、老いたり!駄作でした。

下巻は左遷された吉原の生保の営業現場の話と本部に戻って来て、辞めるまで。

「生保のセールスレディさんって、体を売って、保険獲ってるって、ホント?」

と、生保に入った時に、よく聞かれました(今でも、生保にいたことがあるとわかると聞かれることがあります)が、やっぱり興味があるところなんでしょうね。
私は経験がないので、わかりませんが、「あれは大変でしたぁ。。。」と、とんでもない事件(不倫とかじゃなくて)をよく聞かされました、当時。何しろ、数万人のセールスレディさん・・・しかも1年以内にかなり入れ替わりますし・・・を抱えていますから、色んな事件、事象が起きるようです。

で、この本でも、生保の現場の話題はお決まりのセールスのために体を売る話とセールスレディさんとの不倫。なにせ、生保版 島耕作ですから。

生保の現場の話題は取材がしやすかったとみえて、妙に業界用語というか専門用語を行間にちりばめた書きっぷり。

年責・・・年間の目標 ノルマといった方がわかりやすいでしょうか
修S・・・これは説明が必要でしょうけど、Sというのは契約した保険金額のこと。ちなみに保険料はP。一般に国内生保の営業目標は保険金額ベースで、外資は保険料ベース。ですから、外資系なら月1万円の保険料を払う保険なら、定期だろうが終身だろうが同じ評価ですが、国内生保では同じ保険料でも、保険金額が高い方が評価されます。そうすると、営業職員はみな、掛け捨ての保険金額が大きくなる保険ばかり売ろうとしますから、ある程度保険料も加味した目標体系にしたもの。それが修S。多分、修正Sとかそんな意味かと。

他にもいろいろでてたかな。

で、本部に帰ってきて、社長(宇野前社長がモデル)批判。

高杉良氏がよっぽど、宇野郁夫氏が嫌いなのか、ニッセイでは、この方、ホントに評判が悪いのか、私は存じませんが、小説を読んだかぎりでは、誹謗中傷に近いんじゃないか、という印象。
いくら、小説でも、宇野氏とあからさまにわかる書き方で、ここまで根拠薄弱な内容で批判を書いていいんだろうか。

とはいえ、主人公吉原周平も課長時代は「暗い」というぐらいしか社長批判ができませんでしたが、下巻では、経営企画副部長になったせいか、もう少し具体的になって、業界をひっぱるべきなのに、自社の財務体質の強化に汲々としているだの、株式会社化に否定的だ、とかノルマを課すわりにコンプラ重視と言ってるだとか、少しはまともなことを言うようになりました。

特に説得力がないのが、株式会社化。小説ではあたかも株式会社化が正義で、それを否定するのは悪のように描かれていますが、ものスゴク根拠が薄弱で説得力がない。
吉原周平の主張は生保はこのままではジリ貧なので、株式会社化して、銀行やら証券やらを傘下におさめて総合金融機関化せい、と言いたいようで、それはそれで一理あります。
ただ、果たして、この小説の舞台である生保の危機がさけばれていたあの時期に、そんな無茶なことしたら、むしろニッセイといえども屋台骨がゆらいだのでは?だから、財務内容の強化に努めたはず。
一概に経営陣としては、相互会社の方が運営しやすいわけで、株式会社化の否定=悪とするのは短絡的ではなかろうか。

コンプラ重視はわるいことじゃないし、ノルマある中云々は、そりゃ、営業マンの愚痴レベルの主張で、副部長の発言とは思えない。

ましてや、最後は、ライバル三田秘書役に社長宛の批判文書(というか単なる愚痴)を書いて、会社を辞めておしまい。よくこんなの副部長にしたもんだ、とむしろ、野村専務の見識を疑うよ、わたしゃ。

もう少し、マシな小説を書いてくれや。。。。

高杉良『腐蝕生保』その1~腐蝕ってエライ言われ方なんだが・・・
高杉良『腐蝕生保』その2~生保版 島耕作みたいな話

« 高杉良『腐蝕生保』その2~生保版 島耕作みたいな話 | Main | ELTデビュー10周年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/12742177

Listed below are links to weblogs that reference 高杉良『腐蝕生保』その3~生保のおばちゃんと不倫して駄々こねて辞める話:

» 高杉良『腐蝕生保』その1~腐蝕ってエライ言われ方なんだが・・・ [百鬼夜行]
高杉良の新作の舞台は、生保のガリバー ニッセイ 日本生命。 短期間でしたが、かつ [Read More]

» 高杉良『腐蝕生保』その2~生保版 島耕作みたいな話 [百鬼夜行]
上巻読了。 結構、期待していたんだけど、つまらない・・・。 一橋大学経済学部卒で [Read More]

» 「腐蝕生保」 [さつませんだい徒然草]
 ども、たこ阪店主です。いやぁ、今回も高杉良には読まされた。  興味ない人にはほんとどーでもいい本ですが、それでも高杉良の筆力と取材量に圧倒されて読みきっちゃいました。 ※高杉良『腐蝕生保』その3〜生保のおばちゃんと不倫して駄々こねて辞める話←このエン....... [Read More]

» 明治安田生命、業務停止命令~明治安田だけの問題か、業界の問題か [百鬼夜行]
明治安田生命に業務停止命令が下されるそうです。 生命保険は病気の人は入れないわけ [Read More]

» ニッセイ 保険営業スタイルを変えられるのか?~S建てからP建てへ [百鬼夜行]
今週の日経(4月11日)にちょっと気になる記事があったので、紹介しておきます。 [Read More]

« 高杉良『腐蝕生保』その2~生保版 島耕作みたいな話 | Main | ELTデビュー10周年 »


アクセスランキング
無料ブログはココログ