三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 虹の女神 Rainbow song~もっと人に観てもらいたい映画 | Main | 高杉良『腐蝕生保』その1~腐蝕ってエライ言われ方なんだが・・・ »

手紙

Tegami
手紙』(11月17日 静岡 ピカデリー2
[原作] 東野圭吾 [監督] 生野慈朗 [脚本] 安倍照雄/清水友佳子 [音楽] 佐藤直紀 [出演] 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之/吹越満/風間杜夫/杉浦直樹 
ギャガ・コミュニケーションズ 2006年日本 121分

前売り券はもっていて、観よう観ようと思っていたのですが、図らずも早めに仕事が終わったので、市街の劇場で観てきました。昔ながらの「映画館」という感じなところで、普段、シネコンに慣れているとちょと小さめのスクリーンかなぁという気もしますが、これも味があっていいかも。

評判通りの秀作でした。
強盗殺人犯の弟(武島直貴 山田孝之)という加害者側の家族を描く珍しいテーマの作品。

直貴は兄の犯罪のために、大学進学を断たれ、ろくな就職も出来ず、やっと掴んだ芸人の途も、結婚もダメになる。しかも、この映画は、「犯罪者の家族への差別は当然」と主張する。
勤務していた電機量販店の会長の言葉であり、恋人の父親の言葉であり、由美子(沢尻エリカ)の言葉であり、物語の節々に差別は当然で、それを受け入れて生きて行かなくてはならない、と強烈に主張するところが涙をさそう。

そういえば、沢尻エリカが演じる由美子だけど、兄が犯罪を犯す前からの直貴の恋人で、犯罪で差別されながらも彼を励ます役なのか、と思っていたら、直貴が進学断念後、いくつか職を転々した後にたどりついた工場で働くお姉ちゃんでした。そこで、直貴のことを好きになるのですが、直貴はつれない。

でも、「由美子(沢尻エリカ)は、なんであんなに直貴につくすのか?」
あれは、沢尻エリカがかわいいから、お話になっているんで、かわいくなかったら、ストーカーちっく。
もしかして由美子ちゃん、ホントは34歳?」とか。



« 虹の女神 Rainbow song~もっと人に観てもらいたい映画 | Main | 高杉良『腐蝕生保』その1~腐蝕ってエライ言われ方なんだが・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/12724051

Listed below are links to weblogs that reference 手紙:

» 挨拶文の基本や参考例 [挨拶文・・挨拶文の基本や参考例をどうぞ]
挨拶文をいざ書こう!・・・で・も・・ 挨拶文の基本的な構成や参考になるものを紹介しております 礼儀のあるあいさつ文で高感度アップを目指してください! その他のお祝いの手紙や引越しの手紙を作成の例など しっかりとした手紙で相手に内容や思いを伝えるお手伝いをします... [Read More]

« 虹の女神 Rainbow song~もっと人に観てもらいたい映画 | Main | 高杉良『腐蝕生保』その1~腐蝕ってエライ言われ方なんだが・・・ »


アクセスランキング
無料ブログはココログ