十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 東京国際映画祭と仁義なき戦い阿佐ヶ谷死闘篇 | Main | 円高とPTとLCC »

パソコン処分.comでパソコンを廃棄

結局、この間見つけたネットオフで、本を大量処分しました。
と言っても、売れそうな本はAmazonで処分しましたし、研究書の類は後輩に上げてしまったので、およそ価値のなさそうな本ばかりですが、小さいダンボールですが、17箱。我ながらよく溜め込んだものです。
とはいえ、転居した当初は床も見えないほどだったのですが、持っている本の3/4ぐらいは処分したので、おかげさまで、数年ぶりに本棚にすべての本を格納できました。

となってくると、気になるのは何かの足しになるだろうと置いていた使っていないパソコン。
これ今じゃ、粗大ゴミにも出せないし、引き取ってもらうにもお金が結構(万単位?)かかります。
今のPCの先代は、同じDELLのDIMENSION8250
2002年の発売で、名古屋にいた時分に買ったのですが、なかなかゴツイ外見どおり、丈夫な機種で、タワーですから、色々いじれます。私のように中途半端なパソコン知識しかない人間がさわっても、壊れずに遊べたんですが、今となっては、ムダにスペースをとっている始末。

どうしよう、と思っていたら、ポストに不要パソコンの引き取ってくれるチラシが入っていて、類似のサイトを探したら、こんなサイトをみつけて頼んでみました。
ここは、特に、先方に連絡する必要もなく、着払いで送りつけるだけなので、送料も無料だし、手続きも簡単でした。

こういう会社を利用する場合、気になるのは個人情報ですが、HDDだけ抜いておけば、まぁ、問題ないだろう、と思って出しちゃいました。

これで、大分、部屋が片付きましたが、物がなくなってくると、今度は、なんとなく、貧乏になった気がしますね。

« 東京国際映画祭と仁義なき戦い阿佐ヶ谷死闘篇 | Main | 円高とPTとLCC »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パソコン処分.comでパソコンを廃棄:

« 東京国際映画祭と仁義なき戦い阿佐ヶ谷死闘篇 | Main | 円高とPTとLCC »


アクセスランキング
無料ブログはココログ