十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 練馬のうた | Main | ヤマダWEBポイントをヤマダポイントに移行 »

尖閣ビデオに警視庁外事3課資料流出

確かに、誰かが、冗談で、「ユーチューブに流出させたらどうだ」なんてコメントしているのを聞いた気がしますが、ホントに海上保安庁の「尖閣ビデオ」が流出しちゃうとは・・・。

それにしても、普通にぶつけてますなぁ、素直に見て。

このニュースに隠れてしまった感がありますが、情報流出というともう一つ、警察の資料がネットに流出していて、その中を見ると、警視庁公安部外事3課の資料だという事件があり、こっちの方が、流出しそうなところじゃないところから流出したってことで、密かに大問題(日本語として破綻していますが・・・)になっています。

というのも、この外事課という組織、麻生幾氏の小説『外事警察』がドラマ化されて、少しは知られるようになりましたが、海外の諜報機関の対日有害活動を捜査することを主要な任務とするところで、日本における防諜機関に当たる組織と言うべきところです(ちなみに『外事警察』にでてくる外事4課は架空の組織で、実際は3課まで)。

ひらたくいうと、日本のスパイ組織の資料が、ネットに流れちゃった、ということ。
外事3課というのは、アルカイダだの何のといういういわゆる中東やイスラムのテロリストなんかを担当している部署で、報道で言うところの「国際テロ」というのはそこのことです。で、その情報協力者やらなにやらの資料が
流れちゃったそうです。

このらの問題に関して、前者は中国との外交上の問題やそもそも公開しなかったのはなぜかなんて問題や後者は、わが国の諜報機関の手の内がさらされた云々の批判や議論がありますが、それも大事な議論ですが、そもそもこれら機密情報の管理がどうなっているのか気になります。

確かに、実際、どんなにセキュリティを高めても、内部流出って止めらんない、というのが実感。ウィキリークスなんかでは米軍のもっとやばい資料がバンバン流出してるじゃないか、と言われればそれまでですが、わが国の情報管理はそこまでしっかりした上で漏洩しているというよりは、情報管理が甘いだけな感じがしますな。

« 練馬のうた | Main | ヤマダWEBポイントをヤマダポイントに移行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/police/1349421787/
警視庁外事3課流出資料  国際テロリズム緊急展開班班員名簿

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 尖閣ビデオに警視庁外事3課資料流出:

« 練馬のうた | Main | ヤマダWEBポイントをヤマダポイントに移行 »


アクセスランキング
無料ブログはココログ