三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 義援金とポイント募金と2011年寄附金控除改正案と | Main | 義援金と平成23年度税制改正大綱(寄附金控除) その2 »

イップ・マン~ドニー・イェンとサモハンキンポーの対決が素晴らしい

『イップ・マン』(原題:(葉問2/宗師傳奇)
(3月22日 銀座シネパトス 銀座)
製作年度: 2010年 上映時間: 109分
監督: ウィルソン・イップ
出演: ドニー・イェン サモ・ハン・キンポー ホアン・シャオミン

やっと見ることが出来ました。
というのも、時間がとれなくてなんとか新宿武蔵野館の最終日に見に行こうと思っていたら、震災で上映中止。
急遽、銀座のシネパトスで上映することになり、なんとか見ることが出来たという次第。
その前の東京国際映画祭で見損ねていたことを考えると、 苦節数ヶ月というところでしょうか。

その甲斐あって、カンフー映画としては出色の出来で、私にとっては子供の頃に見た「少林寺」以来の衝撃でした。

カンフー映画というのは、ご存知にようにストーリーは単純です。
武術修行一筋の詠春拳のイップ・マンと香港武術界の第一人者でありながら、武術を愛するが故に宗主国イギリスとの妥協も甘んじる洪家拳のハン・チュンナン。この二人が反目しながらも、お互いに認め合うまでが前半のストーリー。特にイップマンとハン・チュンナン(サモ・ハン・キンポー 昔、燃えよデブゴンに出ていたデブゴンね。)の対決シーンはこの映画中特に出色のシーンです。
イギリスの横暴のために、ハン・チュンナンは死に、イップ・マンが立ち上がる・・・と。
単純なストーリーながら、「くそイギリスの野郎」とか「俺たち、中国人(????)をなめるな」とかつい思ってしまうほど感情移入してしまいました。

来月にはいよいよドニー・イェン「孫文の義士団」(これがまた予告がよくできていて面白そうなんだが)が公開されるのがますます楽しみです。

それにしても同じく震災で見逃した「イップ・マン 序章」はどこかで見れないものか・・・。


« 義援金とポイント募金と2011年寄附金控除改正案と | Main | 義援金と平成23年度税制改正大綱(寄附金控除) その2 »

亜洲電影」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/51191722

Listed below are links to weblogs that reference イップ・マン~ドニー・イェンとサモハンキンポーの対決が素晴らしい:

« 義援金とポイント募金と2011年寄附金控除改正案と | Main | 義援金と平成23年度税制改正大綱(寄附金控除) その2 »


アクセスランキング
無料ブログはココログ