十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 大前研一『日本復興計画』~久しぶりにやる気をみせた大前先生を見た気がする | Main | 『処刑剣 14BLADES』~久々のヴィッキー迷御用達作品 »

義援金と支援金~義援金関連その5

今朝の日経新聞11面(SUNDAY NIKKEI「寄付の税額控除 賢く利用」)に、寄附金控除についてまとまった記事が出ていました。それによると、以前ご紹介した寄附金控除の改正案(義援金と平成23年度税制改正大綱(寄附金控除) その2)は、まだ、国会を通っていないものの、震災被災者支援の臨時特例として、寄附金控除の拡充が認められたようです。

大震災関連寄附に係る寄附金控除の拡充 平成23年、24年、25年分の所得税において、大震災関連寄附について、寄附金控除の控除可能限度枠を総所得の80%(現行:40%)に拡大する。 また、認定NPO法人等が、大震災に関して被災者の救援活動等のため募集する寄附について、指定寄附金として指定した上で、税額控除制度を導入する(税額控除率40%、所得税額の25%を限度)。

ところで、この拡充された税額控除される認定NPO法人等への寄付ですが、いわゆる「義援金」は、たとえ認定NPO法人等(たとえば日本赤十字や中央募金会など)が募集したものであってもこれに当たらず、所得控除になるとのことです(所得控除と税額控除についてはこちらをご参照)。

義援金は、被災者に対して直接お金を配布するものですが、税額控除できる寄附金は「支援金」。
支援金は、被災者に対して直接支援する「事業」にお金を出すもの。具体的にいうと、炊き出しとか医療行為とかそういうものでしょうか。

たとえば、中央募金会には義援金と支援金の二つの募集口座があり、それによって、かたや所得控除になりかたや税額控除になる、ということです。

税金のことはさておき、義援金と支援金どっちが被災者の方に役にたつのかなぁというと、多くの人に幅広く支援するには、直接お金を渡す義援金の方がいいんじゃないかな、と思ってみたりもします。

ただ、義援金は、被災者の手に届くのに時間がかかるというのがデメリットだとか。まだ、被災者の手元に義援金は届いておらず、関西の震災の際でも、半年くらいかかったのだとか。
今、赤十字などが震災支援にあたっちますが、それらには、義援金は使われておらず、支援金で活動している、というわけです。

どちらを選ぶのも一長一短のようです。

取りあえず、義援金の募集口座はいろんなところで紹介されていますので、支援金の口座を紹介しておきます。

中央共同募金会支援金

ご存知だと思いますが下記はご存知、義援金

中央共同募金会義援金

中央共同募金会では、5/6現在で、支援金が 874,035,905円。義援金が 27,768,268,101円集まっているようです。

« 大前研一『日本復興計画』~久しぶりにやる気をみせた大前先生を見た気がする | Main | 『処刑剣 14BLADES』~久々のヴィッキー迷御用達作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 義援金と支援金~義援金関連その5:

« 大前研一『日本復興計画』~久しぶりにやる気をみせた大前先生を見た気がする | Main | 『処刑剣 14BLADES』~久々のヴィッキー迷御用達作品 »


アクセスランキング
無料ブログはココログ