十月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 『モンガに散る』 | Main | Amazonで本の返品 »

今野敏 『転送 隠蔽捜査4』

今野敏氏の警察小説のひとつ『隠蔽捜査』シリーズの4巻目(外伝である3.5も入れると5作目)。

警察小説の舞台というと、普通は刑事が主役。この頃は、SATや公安警察あたりが主役になることがありますが、この小説は、めずらしく、警察庁のキャリア官僚が主役。しかも、典型的な能吏タイプ・・・。私自身、大学新卒時には、検察か警察に行きたい(いずれも不採用・・・)と思っていたので、なんとなく手に取ったのがきっかけ。

とはいえ、舞台こそ、警察で、事件も起き、主人公が解決をするのですが、事件の謎解きよりも、主人公 竜崎と他の役人や組織とのやりとりが面白い作品です。
竜崎は、登場当初こそ、典型的な能吏タイプか、と思わせますが、実は、ある意味、思った以上の「堅物」で、常に正論、原理原則を重視します。普通なら、とっくに飛ばされてしまうタイプですが、本人の卓越した優秀さもありますが、結果、うまく行っちゃう、というのが、いつも筋書き。

今野氏は多作な作家で、警察小説は、この『隠蔽捜査』シリーズ以外にもたくさんあるようですが、私はこれしか知らないので、他の作品はどうなんでしょう?

シリーズ第一作では、警察官の不祥事をもみ消そうとする警察内の話。2作目はSAT、3作目は警備局ときて、今回は、警察だけなく、外務省や厚生労働省それに、公安まで、巻き込んだ話になっています。

とは言え、舞台は大きくなったものの、だんだん話がマンネリ化してきたような気がします。
1作目の事件で、2作目からは、警察庁のエリート課長から、所轄の警察署長に「降格人事」をくらっている竜崎ですが、そろそろ、警察庁のしかるべきポストで活躍いただきたいものです。



« 『モンガに散る』 | Main | Amazonで本の返品 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今野敏 『転送 隠蔽捜査4』:

« 『モンガに散る』 | Main | Amazonで本の返品 »


アクセスランキング
無料ブログはココログ