三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


« 楽天オークションで、Amazonギフトの出品が禁止② | Main

艦艇の位置はわかなくても・・・ウクライナ情勢

先週、ロシア海軍がウクライナ海軍が基地を置くドヌーズラフスキー湾で、湾の出入り口に古い艦船を沈めて、封鎖するいわゆる「閉塞作戦」を行ったとの報道がありました。

【クリミア発】 ロシア海軍「自沈作戦」 ウクライナ海軍を湾内に閉じ込め

日露戦争じゃあるまいし今時、閉塞作戦って、ドヌーズラフスキー湾ってどこよ、と思っておりましたら、防衛省の小谷賢先生のブログにそのGoogle Earthでお調べになった記事がありました。

『閉塞作戦の狙いは。。。』(ホワイトホール61番地 ~インテリジェンスを学ぶ)

Google Earthといば、以前、「Google Earthかなんかで見れば、わかりますよ。どこに日本の艦船がいたか。」と発言され、祭りになった某代議士がいらっしゃいましたが・・・艦艇の位置はともかく、Google Earthでもここまでわかるというか、閉塞作戦の意図などが想像できて、とても興味深い記事です。

市場はウクライナ情勢を受けて、徐々に下げに転じており、エコノミストは様々な意見を言っていましたが、

現在、欧米で対露制裁が検討されていますが、エネルギーをロシアに頼る欧州は及び腰ですし、アメリカも大した策を打ち出せないでいます。ロシアから見ればクリミア問題は経済問題なんかより遥かに大事な主権問題であり、安全保障上の問題でありますので、これに対して経済性制裁で何とかしようという欧米のセンスはややどうかと。経済の専門家は口を揃えてマーケットはロシアを見放した、との意見のようですが、ロシアにとってはそんなものは二の次だということでしょう。

という小谷先生の分析は極めて参考になりました。

それにしても、そのGoogleEarthにはしょぼそうな艦船が7隻ほど写っていて、ウクライナ海軍の3分の1兵力にあたる7隻が閉塞されたと報道されてもいるんですが、あれがそうなんですかね???

Img_0_2

« 楽天オークションで、Amazonギフトの出品が禁止② | Main

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14966/59296161

Listed below are links to weblogs that reference 艦艇の位置はわかなくても・・・ウクライナ情勢:

« 楽天オークションで、Amazonギフトの出品が禁止② | Main


アクセスランキング
無料ブログはココログ