三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


学問・資格

英語教材ランキング?~企業の英語学習ブームは一過性?

そういえば、昨日採り上げたユニクロことファーストリテイリング社は、社内公用語を英語したので著名でした。同社や楽天が導入したことをきっかけに国内企業の多くで従業員に英語を奨励することがブームになってるようです。

英語教材完全ガイド 【英語教材辛口ランキング50】 (100%ムックシリーズ)』はそれを当て込んだ企画の中ではよく売れている本ですが、試しにアマゾンや楽天ブックスで検索してみると、同書が推奨している初心者向けの教材(TOEICで400~500点くらい)が売り切れ、マーケットプレイスでは、倍近い値がついている人気ぶりです。

大卒でTOEICが400~500点というのは、受験レベルの力をすっかり忘れているのか、TOEICの試験形式に慣れていないのか、あるいはその両方でしょうから、同書は、単語と文法を復習して、試験形式になれろということで、基礎的な単語集と文法書、それと問題集を勧めているだけなので、中高の教科書を読み直すのが一番いいんじゃないかな、と思います。

それにしてもこの突然の英語ブームは一体、何なんでしょう?
英語が話せるようになるというのは悪いことではないのでしょうが、そんなに従業員に英語をつかわせたいのなら、楽天のように公用語にしてしまえばいいのですが、そうなると、役員や幹部社員がついてこれないのか、中堅から若手社員にTOEICの目標を課すのが主流のようです。「新手のリストラ策か?」と勘ぐってしまいます。

確かに、幹部(候補)クラスの従業員には、英語くらい話せてもらわないと困る、というはわからないでもないですが、大半の従業員には仕事で英語を使う機会などないし、よしんば英語ができるようにんったとしても企業にそろほど英語を使って仕事をするポストがあるとも思えません。そんなことより、もっと覚えてもらいたいことがたくさんあるんだけどな・・・という気がしないでもありません。

そもそも、そんなに、英語を重視するなら、以前たくさんいた英語遣いをみんな語学バカ扱いしてリストラしちゃったんじゃなかったっけな、弊社は。

これもそのうち忘れられる一過性の話なんでしょうかね。

そういえば、私は新人の頃はいわゆる英語を使う部署だったのを思い出しました。
こんなこと言っているから、お払い箱になったのかもしれませんが。

院生・ポスドクのための研究生活サバイバルガイド~高学歴ワーキングプアより役立つ本

理科系の院生やポストドクターのための本ですが、図らずも、「高学歴ワーキングプア 」や「ホームレス博士」より院生やポスドクの現状を伝える本になっています。

「高学歴・・・」や「ホームレス・・・」は著者が博士号取得者の現状を声高に訴えても、著者自身が文系の院卒であることもあり、「文系のそんな大学院を、それも博士後期までいけば、職がないのは当たり前だろう」という気がしないでもなく、いまひとつ共感がわかないのですが、私の偏見なのかもしれませんが、理科系の研究環境を綴る本書の記述には(著者は特にその環境を声高に訴えているわけではありませんが)逆に、「日本はこれで大丈夫なのかいな」という感想を持ちました。

なお、研究者も企業家であれ、自営業者であれという著者の主張はいいんですが、PPMやSWOT分析など経営学の初歩的な記述がさも最新の知見のように書かれているところは白けます。まぁ、読み飛ばしましたが・・・。専門外である理系の著者には、これらが目新しい知見に見えるのかも知れませんが、そういうのは「もしドラ」にでも任せておきましょう。


ホームレス博士 派遣村・ブラック企業化する大学院

『高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院』の続編。
前作と同様、大学院進学者がその能力に見合った仕事どころか、低収入且つブルーカラー的な仕事に甘んじている現状を批判したものですが、表題は「高学歴」よりも「博士」、「ワーキングプア」よりも「ホームレス」として、前作より強烈な印象を与えたいと考えたのでしょう。

著者の言うように、大量の大学院修了者の職がない(孫引きでですが、水月氏によると『学歴ロンダリング』という 東大院OBが書いた著書に東大博士課程の就職率が約40%でしかない、との記述があるとか)のは問題があるなぁ、とは思うのですが、前作と同様、大学院に進学してだまされた的な著者の論法にはどうにも共感ができません。

著者は騙された、自己責任と切り捨てられると、批判しますが、巻末の鈴木謙介氏が対談の中で指摘していますが、大学院に進学して、専任講師になれなければ、そういう状況になることは自明のことではなかったのか?待遇が悪いな、とは思いますが、騙されたわけじゃないでしょう、と。

確かに、大学院がどんどん出来ていった90年頃は、大学院生も少なかったし、大学教員のポストも多く、需要があったのは確か。鷲田小彌太の『大学教授になる方法』なんて本も出て(ちなみにこの本には社会人から大学教員に転進した例として、私の先輩も成功例として紹介されています。)、自分とは縁のない凄く頭のいい人がなる大学教員が身近に感じたこともありました。ただ、んなもんは一過性のものだし、ずっと続くわけではないのは、普通に考えればわかること。

大学院生がまだ少なかった私が高校生、大学生の頃ですら、「文学部に行けば職がない」「大学院に行けば職がない」なんて話は普通にしていましたし、院に進学しようと思う方なら。院に進学した先輩方や先生方の院生時代の話を聞いているでしょうから、そんなことはわかりきっていることでしょうに、と感じざるを得ません。
著者はそれを頬かむりして、知らないふりをして、その不当性を訴えるのなら、今、そういう境遇にある方はともかく、一般の方には共感は得られないのではないかな、むしろ「30すぎまで大学で遊んでて(決してそうではないのでしょうが)何言ってるんだ」といわれかねない、そんな感じがしました。



東京英語道場

もう先月(3月24日)のことですが、帰省したついでに、敬 美也さんの紹介で、東京英語道場というところに行ってきました。

別に英語が好きってわけじゃないんですが、終わったら、花見があるよ、と言われたので・・・。

詳しくは、当該サイトをご覧いただければと思いますが、こちらは、毎週、メンバーが時事問題を持ち寄って、英語でディスカッションをする、というところ。ディスカッションと言っても、ESSでやっているようなパワーディスカッション(ディスカッションというより、討論とかディベートにイメージが近い ESSでやっているものは最終的に勝敗を決めますので)ではなく、いわゆる一般の方がイメージするディスカッション。

私が見学(しゃべれませんので・・・私は)した回のテーマは、「代理母(Surrogate Mother)」問題。
みっちり2時間討論。

日本語でも疲れそうですが、そもそもSurrogate Motherなんて言葉、初めて聞きますし、他にも子宮だのなんのと専門用語というか、受験じゃ使わない単語が多いので、聞いているだけで疲れました。

ある程度、しゃべれる人で、英語を使う場がない方には、相当、力がつくように感じます。
興味がある方は参加されてみては。

ちなみに、この日は桜は東京でもほとんど咲いてなくて(戸山公園の入り口に一本だけ咲いていた)、単なる宴会になってました。

NHKハングル講座

hanguru.jpg
 ミーハーだの何だと言われそうですが、結局、はじめてしまいました。「冬ソナ」連動ハングル講座。同じ教育テレビの中国語会話と比べると、お姉さんがかわいい。。。まぁ、それは置いといて、中国語は前半は初心者向け、後半は中級者(上級者?)向けというか、かなり高度な内容なんですが、ハングル講座は初心者に特化した内容。「冬ソナ」コーナーは、会話文ですので、初心者には難しいんでしょうけど、まぁ、興味をひくつくりになっていて、僕はハングルは全くの初心者ですが、なかなかわかりやすくて良かったと思います。
 特に、ハングルは他の外国語に比べると文字数も少ないし、覚えることが少なそうで、簡単そう・・・まぁ、実際は大変なんでしょうけど、「読む」だけなら、ルールがきちっと決まっている分、英語なんかに比べるとある程度トレーニングすればできそうですし、とっつきやすい外国語かなぁという印象。ただ、その分、進度が速い。来週までに、ハングルの練習をしてかないと落ちこぼれそう・・・。頑張りましょう。

関連記事
「冬ソナ」連動ハングル講座
「冬ソナ」ブログをまわって教えてもらったこと
サンヒョクとチェリン

NHKテレビ中国語会話をはじめてみました

china.jpg
「小さな中国のお針子」を観て、すっかり周迅にはまった話は書きましたが、勢いあまって、NHKの語学番組のテキストまで買ってきてしまいました。いや・・・実は、冬ソナの影響で、ハングル語も買いました。そんでもって、英語はラジオのヤツを2冊、こりゃ、いくらなんでも買いすぎかな?一応、少しは冷静さが残っていたのか、中国語とハングルは毎日放送するラジオじゃなくて、週1回のテレビの方。それに中国語は放送も夜の11時からなので、この手の番組は続いたことがない僕でも、なんとかなるかな、と言い訳しています。
 で、今日が第一回だったんですが、教育テレビの語学番組というと、吉岡美穂とかかわいいお姉さんがでてるという印象があったんですが、中国語は芸人の亀山房代さん。。。スゴイ、ベタな関西弁使うし・・・なんでじゃ、中国語だからか?そんでもってデカイ パンダまで出てるし、他の語学番組に比べて明らかに異質。
 まぁ、かわいいお姉さんがいなくても、勉強なんでいいんですけど、その中身の方も前半と後半で全然レベルが違う。前半は「ニ~ハオ」とか挨拶をやったり、四声の説明をしてくたり、超初心者向け。後半はいきなり、ドラマ仕立ての会話文。漢詩をやったり、ゲストを呼んだりと盛りだくさんで、なかなか面白くつくってはいるんだけど、あのレベル差は一体、何?初心者向け(前半)とそれ以外(後半)に分けていて、どっちかをみてください、というつくりなんだろうか?これも、他の語学番組と違うところ。
 まぁ、いろいろあるんだけど、とりあえずやってみようと思います。もっとも、週に30分じゃ、気休めにしかならないよう気がしないでもないけど。あぁ、そうだ、明日はハングル語だな。意外に結構ハードかも??

名古屋のロースクール

 今春開校するロースクールの合格発表が続々が行われていて、僕の友人たちの中にも少なからず進学する者が出た。中には勤めている企業を退職したり、結婚している者もいるので、それぞれかなりの決断をしているわけだが、まずはおめでとう!そして司法試験、頑張れ!!
 そんな中で、ここ数ヶ月。よく聞かれたのは「名古屋の○○大学ってどうなの?」ってこと。多分、僕は学校事情に詳しいと思われているふしがあるみたい。というのは、よく新聞や雑誌に「大学院特集」みたいなものが載っているのをご覧になったことがあるだろうか?大抵、学校の講義の紹介や学生インタビューなどで構成されている記事。僕が学校に在籍中は、新聞や雑誌から学校に「学生を紹介して下さい」と来る取材は大概、僕に振られることが多くて、なんとかキャリアマガジンとかそういう雑誌にはよく載っていました。そんなわけで、僕はその手の事情に詳しい、と・・・。
 そういうのって、よその学校はどうやって決めてるかは知らないけど、ウチの場合、マスコミから事務局に申し入れがあって、事務局から教授に話に行って、教授から、僕に話が来る・・・という仕組み。なんで、僕かと言うと、年齢的なもの(20台後半くらいとか指定があったりする)やウチは役所から来ている人が多かったんでマスコミ取材はダメという人が多かったり。まぁ、消去法ですね。だから、名古屋の大学事情・・・しかも授業も始まっていないロースクール事情に詳しいはずがあるわけないんで・・・何とも申し訳ないことをしています。まぁ、彼らからすれば、初年度ということもあって情報もないから色々聞いてくるんでしょうけど。
あんまり聞かれるんで、少し事情を聞きかじったことを、そろそろ受験も終わった頃で無用な混乱を起こさない範囲で、以下、根拠はありませんが、僕の勝手な予想。
 司法試験は大学別の合格者数をみると明らかに特定の学校出身者に偏っていて、東大、早稲田、それに慶應、京大、中央の5校で6割以上ウェイトを占めています。特に優秀な学生がこの5校に集まっているというよりも(まぁ、優秀は優秀なんでしょうけど)、他の大学では、あんまり司法試験って将来の進路として考えられていなかったんじゃないでしょうか。いくら優秀でも在学中の合格者は少ないですから、司法試験を受けるというのは学生にとっては、かなり勇気のある決断を求められます。ましてや、就職状況のいい大学にいれば余計に決断も鈍る。東大や早慶のように周囲に受験している仲間が多ければ決断も下しやすいでしょうけど、周囲が就職する中、一人、受験勉強をするのはなかなかツライもの。
 そんな状況の中で、名古屋では・・・この場合、東海エリアと言ってもいいんだけど・・・名古屋大学と私大4校のロースクールが今春開校されることになりました。従来の合格実績は名古屋大学がダントツ。と言っても、10数名で、他の私大の実績はほとんどないという状況。
 ただ、名古屋大学の合格者は今後、増えるんじゃないかな。これは特に名大がというわけじゃなくて、今回のロースクールの設置は、従来、いずれも都内にある上位5校に集中していた司法試験の合格者が旧帝国大学系の学校など地方の大学にばらけるんじゃないかな、とは思っています。
 今まで、司法試験は、「大学」より「予備校」のウェイトが大きい試験だったと思っています。もちろん、法職課程を設けたりする大学側の努力や中央の真法会のような存在もあったんでしょうが、例えば、中央大学が予備校のない八王子(今はあるみたいですが)に移転した途端、合格者を激減させたのは、入試の人気が落ちたのもあるんでしょうけど、予備校に通えないってことが大きかったと思います。
 これが、ロースクールだということになれば、上位5校に合格者が集中してた根拠がなくなってきます。まず、1点目として入学者は全員法曹を目指していますから、司法試験を受験する決断云々ということは入学前になされていて関係ない。2点目は、予備校の存在というのは依然、大きいのでしょうけど、かなりの部分軽減されるので、都内の学校に行く必要はないし、今では地方でも予備校はあります。名古屋クラスの都市なら問題ありません。そんなわけで、もともとある程度は実績のある旧帝国大学系のロースクールは、優秀な学生を集めたんじゃないでしょうか。これはどうなんでしょうか、東京に集中しがちな弁護士人口がいくらかでも、地方に流れるきっかけになればいいな、という感じはしています。
 次に、私大4校。こちらも従来は実績がなかったわけですから、これからは合格者が一定程度輩出されることでしょう。ただ、一番よく聞かれた質問「どれがいいの?」はまるでわからない。授業が始まっていないし、どんな学生がいるかもわからないし、学部の偏差値で比べるわけにもいかないし・・・。
 僕が面白いなと思ったのは、名城大学。ここは昼夜開講制になっていて、在職者でも通えるように配慮している。「働きながら、司法試験が受かるのか」という批判はあるでしょうが、それは個人の力量と努力の問題。僕はこういう学校はあった方がいいと思う。
 今はだんご状態ですが、数年後に卒業生を輩出すれば、序列をつくでしょうし、そうなったら、かなり差がついてくるのかも知れません。
 ともあれ、ロースクールへの入学はそれなりに覚悟のいること。合格するよう頑張れ。

どうなる名古屋大学MBA?

大学院の話題といえば、今年4月開講するロースクールが一番ホットな話題なんだろうけど、MBAも以前から人気が高い。そんな中で、名古屋大学が一昨年から鳴り物入りで始めたMBAコース 

経済学研究科経営管理学修士コース(名大MBA)

名大のHP上に掲載されいた募集要項が削除されたが、どうしたのかな、と思っていたらどうやら今年度は募集中止になったらしい。

こんなことを知っているのは、既に修士を出ているくせに僕が受験しようかな、と思っていたからなんだけど・・・。
それはともかく、開講2年のMBAが「募集中止」というはおかしな話。学生が集まらないのか?

名古屋大学は旧帝大の伝統を持ち、東海地区だけでなく中部地方ではダントツの人気と実力を持つトップスクール。
その名大が、フランスのグランゼコールであるポンゼショセ工科大学(EcoleNationale des Ponts et Chaussees)と提携して作ったのが同学科。講義はフランスから教授を招き、英語で行われ、名大MBAと同時にポンゼショセのMBAも取得可能云々

とこう書くといかにも魅力的。
だから受けようかな、と思ったわけだが、どうして募集中止になったのかな、と考えてみる。

一番大きいのは、夜間ではなくて昼間のコースだからじゃないだろうか。

MBAというとやはり社会人学生が主流。昼間のコースは、会社を退職ないし休職をともなうので、通うのが難しい。
もちろん、慶應(KBS)や早稲田(アジア太平洋)、一橋なんかは昼間なんだけど、あれは銀行などから社内派遣が多い。

社内派遣で大学院に行くとなると、普通は東京か大阪。
名古屋大学というのはちょっと聞かない。名大に派遣するなら、名古屋本社の会社ってことになるんだろうけど、それほど数があるわけでもないし、名古屋でそこそこの会社・・・トヨタやUFJだっておそらく東京のガッコウに行かしてるだろう。

とすると、自費でわざわざ名古屋大学にという人は少ないかもしれない。

もう一つは英語かも。
大学院目指しているヤツが英語できなくて、どうするんだ、と言われそうだけど、まだまだ英語って出来ない人、多い。ましてや国内MBAを目指している理由の一つが語学だったりする人もいるくらいだから、英語でアプリケーション書いて、英語の面接受けて入学して、講義も外国人による英語。しかも、センセイは日本語できませんよ、と来たら、びびって出願しない人は多いだろう。

それにそれくらい優秀だったら、多分たいがいの国内MBAでも合格する。
そうすると、ますます、東京・大阪のガッコウと競合する。

元々、名古屋はMBAが貧弱で、大阪や東京のグロービスに新幹線で通っている人がいるくらい。
夜間で在職の社会人を集めたら、あのプログラムならすごく人気が出ると思うんだけどね。
あぁ、もったいない。

ただ、募集中止を判断したのは、国立大学から独立行政法人化するからかな、やっぱし。


アクセスランキング
無料ブログはココログ