三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


芸能・アイドル

太田省一『アイドル進化論 南沙織から初音ミク、AKB48まで』~アイドルを学問的に分析してもあんまおもんないということを改めて実感

アイドルを東大の社会学でドクターまで行っている著者が、社会学的に分析したのが本書です。
たまたま、キャンディーズを論じている項を読んで、面白そうだったのと、ある程度、重厚なアイドル論を読んでみたいな、と思って購入したのですが、正直言って失敗でした。

1、アイドルの身体と楽曲とのギャップと2、ファンの愛着の視線(ようするに好きってこと)と批評の視線という切り口でアイドルを分析していますが、まぁ、そういう見方もあるのかなぁ、という程度であんまり面白いとは思わなかった・・・。1960年生まれで、70年代から最近までのアイドルを論じていらっしゃるのは、さすがと思いましたが、やはり前半の70年代のアイドル論(私が立ち読みしたキャンディーズの項とか)の方がまだ読めたのは、著者がアイドルファンとして過ごしていた時代だったからなのかなぁ、と。

社会学的分析よりも、ファンの愛着の視線、例えば、キャンディーズの伊藤蘭や松田聖子、それに斉藤由貴が出てきたときに、いかに「かわいい!!」と思ったかなんて評論を読んでみたいものです。

なお、表題に「進化論」とありますが、特にダーウィニズムとは関係なさそうで、単に、アイドルの移り変わり程度の意味のようです。


聖子コール入門~俺たち愛する聖子姫

念のため、よく聞かれますが、私は松田聖子親衛隊出身ではありません。
(当時、年齢制限(下の方の)があったので、私の世代では、親衛隊には入れなかったんです。)

さて、ヲタ芸のような凝ったものではありませんが、かつてのアイドル全盛時代、コンサートで歌の合間に親衛隊が主導して叫んでいた合いの手=コールというものがありました。特に、松田聖子のそれは、最大規模を誇っていたため、コールといえば聖子コールだったんじゃないかな、私は勝手に考えているわけです。とはいえ、松田聖子がアイドルから歌手としてみられるようなるにつれて、聖子コールも今はなくなってしまいましたが・・・。

では全盛期の聖子コールがどんなものだったのか。聖子コールがもっとも激しい(うるさい)のは、個人的には↓の「天国のキッス」じゃないかな、と思っているので、ご紹介します。


前奏や間奏の部分が、聞き取りづらいと思いますが、前奏では

ドリームレディ う~ レッツゴー

と言っています(間違っていたら申し訳ありません・・・)。
その後は合いの手で、それぞれ

行け せいこ 押せ 

また間奏で

天使の口づけ エンジェルキッス 聖子ズワールド ブルーヘブン 俺たちみんな大好き せいこー

合いの手で「わざとしたのよ♪」のあと

キッスミープリーズ

そのあと

う~レッゴー
行け せいこ 押せ

次の間奏では

キラッと輝くその瞳俺たち愛する聖子姫

「天国に手が届きそうな~」に併せて、アルファベットを

S O H A P P Y S E C

と連呼。意味不明ですか? So Happy その後のSECいうのは松田聖子親衛隊の略称です。
あとは、繰り返しですね。

ちなみに、↓は天国のキスの中ではいちばんかわいいといわれている「風船天キス」です。上と比べると、やっぱり、聖子コールはない方がいい?

さぁ、蘭、笑って・・・って懐かしすぎる

宴会続きだったこともあり、なしにするつもりだった職場の長老会、なぜか今月も開催。。。

パセラで、もう一回確認したのですが、やっぱりカッちゃんの歌はありませんでした。
日本一の曲数を自称するパセラ、入れろカッちゃんの歌を。

というか結局、今月も70年~80年代のアイドルをどれだけ歌えるか自慢に。。。

生まれて初めて好きになった女の子は伊藤蘭だった私は、諸先輩方をさしおいて、キャンディーズ。
「年下の男の子」くらいからは皆さんご存知ですが、実は、↑をご覧になっていただくとわかるように、キャンディースの初期であまり知られていない頃は蘭ちゃんはセンターではなく、スーセンターを張っています。蘭ちゃんのセンターはまさにヒット曲「年下の男の子」から。
それにしても、久しぶりに見ましたが、蘭ちゃん、すごくかわいいですねぇ。

ちなみに↓は「みご!ろたべごろ笑いごろ」
私の芝居を目指した原点かも知れません。。。

↓は、私の幼い頃の芸「電線音頭」
幼稚園だったか、小学校だったか忘れましたが、クラス中で踊り狂って、首謀者として校長(or園長)先生に直々に怒られた覚えがあります。この頃、ベンジャミン伊東になりたかったんだよね。

なお、この番組の裏番組はかの長寿番組「水戸黄門」でありまして、この番組終了後、私は水戸黄門にはまるとう経緯を辿ります。

それはともかく、この会は、すっかり毎月開催がデフォになったようで、来月は某営業部署と共同開催とか。
てか、手配するのは、また、私じゃないか、めんどくせーんだよ。

中川勝彦がない!!

と、金曜日に連呼していたらしい私。
先週の金曜日に職場の老人会というか、バブル世代会(私は、ちと下で就職には苦労したはずだが・・・)を開催。
バブル世代だけなので、1次会から、カラオケ・・・。

というわけで、食事もカラオケ屋にしてはまともと言われてるパセラに行ったわけなんですが、せっかく曲数揃ってるカラオケ屋だから、と80年代しばりを敢行。

普通にプリプリとか歌ってればよかったんでしょうけど、一緒にいったメンバーがあまり普通でなかったので・・・で、私が歌いたかったのは中川翔子の父親 勝彦氏(バブル世代にとってしょこたんはカッちゃんの娘・・・)のこの歌。名曲ナンシーChang!がないなんて・・・。

というわけで仕方がないので、じゃあ、と思った↓「してみたい」もない。

探し方がまずかったのかなぁ・・・酔ってたし・・・パセラ、カッちゃんの曲入れてくれ!!

中川翔子の『1/2』

「ギガント 修行あるのみ」


全国的ローカル情報番組『溜池Now』

Tameike

最近のお気に入りは、Gyaoでやってる全国ローカル情報番組『溜池NOW』。
去年の春からやってるらしいんだけど、最近、知って、ちょっとずつ観ています。

全国ローカル情報番組と銘打っていますが、毎回、ヲタクな話題を提供しているヲタク番組。司会はご覧の通り中川翔子。前回は、戦隊物(ゴレンジャーとかそういうやつ)特集で、大葉健二(宇宙刑事ギャバンとかバトルフィーバーJのバトルケニアとか)なんて、地上波じゃありえなさそうなゲストを呼んでます。
今やってる最新話は「天下一武道会」(ドラゴンボールだな・・・)と称して、最強の先生対決。
松村邦洋が「スクールウォーズ」の滝沢先生がいかに、素晴らしいか熱弁してます。

80年代に中高生ぐらいで、テレビをよくみてた自負がある人なら、是非見て。

あややが静岡にやってくる

掲題の通り、静岡にあややがやってきます。しかも、今からでも、意外にいい席が取れると。
松浦亜弥コンサートツアー2006秋 『進化ノ季節・・・』。
3連休の最終日9/18(月)の開催地は静岡市。

同じ静岡でも浜松は、ヤマハと河合楽器という2大楽器メーカーのお膝元で音楽の町を標榜しているだけあって(あんまり知らないと思いますが・・・かくいう私も浜松は「うなぎ」イメージ・・・それはともかく)、アクトタワーという音響設備が充実した偉く立派な施設があるんです。が、お茶イメージの静岡市には当然、そんなものはありません。

で、静岡市民文化会館というエラくシャビーな・・・要するに市民会館にあややにお越しいただくことになるんです。そのせいなのかどうなのか知りませんが、チケットが全然、はけてないみたいです。ぴあでも未だに全然買えるみたいですし、ヤフオクでは捨て値で売っているようですし・・・。

よほど、静岡という町は田舎だと思われている(いくら、あややのライブでもそんなトコ行きたくない?)ということなんでしょうか。あるいは3連休中なんでもっとも他のとこに行きたいとか。

ウゴウゴルーガのルーガちゃん

Photo_1

↑は大人になったルーガちゃん。
ビックリしました、あたしゃ。

ルーガちゃんを知らない人には「何のこっちゃ」という感じでしょうが、特定の年代層には妙にツボにはまった番組「ウゴウゴルーガ」に出ていた子役(?)の子。

ウゴウゴルーガのルーガちゃん

たまたま、某番組に出てるルーガちゃんを観たんだけど、いやぁ、ホントに大きくなったものです。

子役は、大人になると子役時代のイメージが崩れたり、妙に太ったりすることが多いですが、これは逆に意味で、ビックリしました。ウゴウゴルーガの再放送もあって、ちょっと出てくるようになったのでしょうが、芸歴が長いわりには今まであまりお見かけしなかったのは、「おきらくごくらく」ってわけにはいかなくて結構、苦労しているんでしょうけど、頑張って欲しいものです、ハイ。

あややヲタになりました

 唐突ですが、あややファン・・・あややヲタとでも言んでしょうか・・・になりました。

きっかけは、アマゾンから1000円分のギフト券をもらったんだけど、これが和書には使えなくて、洋書を買うほど英語力もないので、DVD、それも目に付いたあややのDVDを買ってしまったこと。

ayaya2.jpg
松浦亜弥シングルVクリップス(2)

何気に観たんですが、なんかいろんなPVがあってどれも雰囲気が違って結構面白い・・・つうか、あやや歌うまい・・・つうか、かわいい・・・という感じで、「もう何回も何回も見ちゃいました」。
先達の皆さんのブログをみると、例えばiosさんのように夏男の評判がいいみたいですが、僕はこれ↓シングルV 「奇跡の香りダンス。」

ayaya3.jpg
シングルV 「奇跡の香りダンス。」

なんかBOOWYっぽいというか、布袋ぽいというか、いいじゃないですか。松浦亜弥というとやっぱり、『桃色片想い』のイメージあるんで、このDVDの中では、『ね~え? (通常盤)』か、『奇跡~』。でも、ちょっと、『ね~え?』はやりすぎって感じがするんで、やっぱこれでしょう。

ついでに、こっちも買いました。

ayaya1.jpg
松浦シングルMクリップス(1)

こっちの中でのお気に入りは、『桃色~』よりも、むしり『トロピカ~ル恋して~る』。にわかファンが何ですが・・・僕はこっちの方があややっぽい感じがします。erabuさんはシングルVクリップスの1と2を比較して、「前作と比較してパワーダウンが著しい」と評価されていますが、なんとなくおっしゃりたいことはわかる。でも、僕は2の大人になったあややも十分好きだなぁ。

とここまで書いたら、「とみぃの宮殿」さんのところで『奇跡~』のレビューでこんな記事を見つけました。

松浦の声質が完全に以前と変わってしまったことを受けて、こういった曲調を選んだのだと思いますが(じゃなかったら、過去あのCMに起用された路線‥‥"♡桃色片想い♡" や "ね~え?" の延長線上にある路線を選んだはずなんですよ。少なくともあのCMを観る限りではね‥‥しかし、それが出来ない事情が生じた(=松浦の声質の変化)。だったら「今出来ることを、今しか出来ないことを」ってことになったんでしょうね。それがアルバム「×3」での変化であり、この "奇跡の香りダンス。" だったのかな、と。

なるほど、これは、今回のシングルVクリップス2全体にも言えることで、それがerabuさんにはパワーダウンと感じられたのかも知れません。

というわけ、にわかあややヲタになってしまいましたが、今後、よろしくお願いします。


アクセスランキング
無料ブログはココログ