三月 2014
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今月の映画



amazon



グーグルアドセンス


書籍・雑誌

今野敏 『転送 隠蔽捜査4』

今野敏氏の警察小説のひとつ『隠蔽捜査』シリーズの4巻目(外伝である3.5も入れると5作目)。

警察小説の舞台というと、普通は刑事が主役。この頃は、SATや公安警察あたりが主役になることがありますが、この小説は、めずらしく、警察庁のキャリア官僚が主役。しかも、典型的な能吏タイプ・・・。私自身、大学新卒時には、検察か警察に行きたい(いずれも不採用・・・)と思っていたので、なんとなく手に取ったのがきっかけ。

とはいえ、舞台こそ、警察で、事件も起き、主人公が解決をするのですが、事件の謎解きよりも、主人公 竜崎と他の役人や組織とのやりとりが面白い作品です。
竜崎は、登場当初こそ、典型的な能吏タイプか、と思わせますが、実は、ある意味、思った以上の「堅物」で、常に正論、原理原則を重視します。普通なら、とっくに飛ばされてしまうタイプですが、本人の卓越した優秀さもありますが、結果、うまく行っちゃう、というのが、いつも筋書き。

今野氏は多作な作家で、警察小説は、この『隠蔽捜査』シリーズ以外にもたくさんあるようですが、私はこれしか知らないので、他の作品はどうなんでしょう?

シリーズ第一作では、警察官の不祥事をもみ消そうとする警察内の話。2作目はSAT、3作目は警備局ときて、今回は、警察だけなく、外務省や厚生労働省それに、公安まで、巻き込んだ話になっています。

とは言え、舞台は大きくなったものの、だんだん話がマンネリ化してきたような気がします。
1作目の事件で、2作目からは、警察庁のエリート課長から、所轄の警察署長に「降格人事」をくらっている竜崎ですが、そろそろ、警察庁のしかるべきポストで活躍いただきたいものです。



岩瀬大輔『ネットで生保を売ろう!』~シンプルで安価な商品を提供するということ

タイトルの通り、ライフネット生命の岩瀬大輔副社長による同社創業の物語をアゴラ-言論プラットフォームで連載していたものをまとめたもの。
同社社長の出口治明氏も『直球勝負の会社』という同趣旨の本を出されており、こちらもすこぶる面白かったので、早速、購入してみましたが、期待に違わず、一気に読んでしまいました(ちなみに、岩瀬氏の本にも出てくる出口氏の著書『生命保険入門』あれはいい本です。)。

創業前のエピソードは視点は違えど、出口氏の著書で拝見していたので、意外性はなかったのですが、興味深かったのは創業「後」の話。

ネットライフ生命というと、創業前からネットでは注目されていたことから、順調に業績を上げているイメージだったのですが、立ち上げ期には他のベンチャーと変わりなく苦労をされていたのだな、と。

私も生保業界には少しだけ在籍していたことがあります。
これは生保だけの問題ではないのですが、業界にとって儲かる(手数料が高い)商品、売りやすい商品ばかりが販売されがちで、それがゆえに、わかりずらく複雑な商品ばかりが巷に氾濫しているように感じます。
本当に消費者がこんなものを求めているのか、常々疑問であっただけに、ライフネット生命のシンプルな商品を安価に提供すると理念には共感をもっちたので、是非、応援したい企業であるな、と再確認しました。


そういえば、まだインターネット黎明期にFRISK(@nifty リスクマネジメント&FPフォーラム)時代の先輩で、ネット生保ではなく、ネット生保代理店を創業された方がいらっしゃいました。
当時のナローバンド中心のネット環境では、とても収益が上がらず、事業を撤退されたと伺っていますが、その後、どうしているんでしょう・・・。


冲方丁『天地明察』、 田尻祐一郎『江戸の思想史―人物・方法・連環』

2010年の本屋大賞(第7回)、吉川英治文学新人賞(第31回)の冲方丁(うぶかたとう)氏の『天地明察』を読む。

幕府に囲碁をもって仕えるという職(碁方)にありながら、算術に興味を持ち、後に800年ぶりに暦を改訂し貞享暦を導入した渋川春海というちょっとマイナーな人物を取り上げながら、面白いと評判の作品。

ただ、私にはちょっとあわなかったなぁ、つまらなくはないのですが・・・。
渋川春海という稀代の天才でありながら、ちょっとマイナーな人物を取り上げ、同じく天才である和算の関孝和や囲碁の本因坊道策との交流や同時代の大名である保科正之や徳川光圀(水戸黄門ね)、酒井忠清(下馬将軍)などとの交流を描いた着眼点は面白いなぁ、とは思いましたが、いろいろ盛り込みすぎてちょっと薄っぺらな感じがしました。えんとの馴れ初め話なんかは、とくにいらないかもしれません。。。

なお、私は暦には詳しくありませんが、この小説の暦に関する記述は、少々、誤りが散見される模様です。

私が気になったのは、江戸時代前期の儒学に関する著者の考えです。
小説ではあまり良く書かれていない山鹿素行(一方、山崎闇斎はよく書かれています。)。
素行は、保科正之がすすめる民生を重視した政治の意義も渋川春海が進める改暦の意義も理解できないやや偏狭な人物に描かれています(まぁ、実際、闇斎を師事する保科正之により江戸を追放される処分をくだされています)。

素行の論は作者が言うような武士だけの論ではなく、農工商人の存在価値は明らかであるのに、その上に立つ武士のその存在価値は自明ではない。ではなぜ、武士がその上にたっているのか、ということ論じたもの。決して、民を無視したものではない、と思うのです。

なお、闇斎は、朱子学を2次文献ではなく、朱子が書いた一次文献によって理解しようと務め、我が国の朱子学の水準を高めた人物として知られていますが、それがゆえに、他ならぬ素行からは追放の書となった聖教要録の中で、

ただ、敬のみを言えば、乃ちその心逼塞にして通ぜざるのみ

とその狭量さを批判しています。


本当は危ない『論語』~加藤先生の新著にしてはイマイチ

加藤徹先生の新著がなかなか評判が良いようだったので、買ってみたのですが、私にはイマイチでした。

加藤先生の著書、例えば『漢文の素養』や『漢文力』は、今では、古臭い、役に立たないと考えられてる漢文を、先人たちがどのように捉え学んだのかを活写している。今回の新著も、それを論語に凝縮して語っているわけですが・・・。

論語=退屈とおもっていらっしゃるようですけど、それは違いますよ、という図式に馴れてしまって、インパクトがないせいでしょうか?

とはいえ、1章の中国では当初、論語が第一級の文献ではなかったという話や2章の孔子の生涯、擬音や擬声で漢文を解釈する話などは興味深いものがありました。

ただ、「危ない」というあまり、吉田松陰や大塩平八郎の行動を論語に結びつけるのはどうか。広い意味では論語なんでしょうけど、そりゃ、陽明学の影響とするのが、正しいのかと。

そういえば、漢文と言えば、高校時代に読んでいた二畳庵先生の『漢文法基礎』が再販されているとか。
当時も基礎とはいえない本でしたが、今では大学受験レベルの本ではなくなっているので、誰が読んでいることやら。




迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教―

たまたま立ち読みしたのですが、面白い本だったので、買ってきて、一気に読みました。

ドイツ人である著者が、禅修行のために来日。ついには出家して、住職(堂頭)になるまでの半生が描かれています。

ドイツ人が住職?なんで??というところもユニークですが、著者が住職を務める安泰寺という寺もユニーク。兵庫県の山奥にあり(HPをみると冬季は雪のため入山ができないほど)、檀家を持たず、自給自足で修行をしている小さな寺なのですが、実は澤木興道内田興正が住職(堂頭)を務めていた由緒ある寺でもあるようです。

葬式仏教、ファミリービジネスと化してしまった日本仏教の批判や禅寺での厳しい修行の様子も興味深いですが、著者が「何のために生きるのか」という疑問から、禅に向かっていった経緯が、ぐいぐい引き込ませます。
『正法眼蔵』や『学道用心集』(このあたりがさすが澤木師のお弟子さんの系譜といったところですね)からの引用も多く、同書の平易な入門書といった趣もあります。

同じ曹洞宗の南直哉氏の『語る禅僧』の冒頭に、スベロニアからやってきた出家希望者の話が出てきますが、彼が禅僧になっていたら著者のようになっているのでしょうか。南氏も同書の中で、「生きづらさ」が出家の原因と記していました。

ところで、本書では登場人物の名前は大藪先生も含め仮名となっており、著者の師匠にあたる人物さえも堂頭さんとのみ記されています。著者が住職になる経緯がさらっと記されていますが、そのあたりのことが原因なのかもしれません。


安泰寺



『妖魅変成夜話』4巻 4年ぶりの発売

いつ間にか発売されていた『妖魅変成夜話 』の4巻。帯を見ると4年ぶりとか。

中国の唐の時代を舞台にしたコメディマンガで、作者は『陰陽師』の岡野玲子。
仙人とか妖怪とか出てきて、雰囲気としては、初期の陰陽師によく似ている作品です。
主役の李成譚が雅博、龍玉将軍が晴明といった役どころで、初期の雅博と晴明の掛け合いみたいな話が好きな人には、面白いと思います。

4年前というと、3巻はこのブログをはじめるよりも前、私が、名古屋に来たばかりの頃に出たということ。
連載は月刊百科というおそろしくマイナーな月刊誌に、毎月数ページだけ、それもしばしば休載しながら、掲載されているので、ほとんどの人は連載を読んでないと思うんだけど、私も話の筋もうろ覚えだったので、1巻から読み直してみました。

相変わらず、面白いんだけど、いい意味でも悪い意味でも、陰陽師化してしまっている妖魅4巻・・・。
陰陽師が後半、なんだか、小難しいというか、岡野さんの趣味みたいな話になってしまって、私は、ある意味妖魅に逃げ込んだ面もあるんですが、仙界の話になると、岡野さんの悪いくせがでてきているような(まぁ、こういうのが好きな人もたくさんいるんで何ともいえないが・・・)

陰陽師はともかく、妖魅は当初のコメディタッチの方が私は好きだなぁ。

岡野玲子の公式サイト OGDOAD

ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)

そういや、WEB進化論の梅田望夫さん(もちお と読むらしい。余計なお世話だけど変な名前だ)もシリコンバレーで働いていたはずだけど、あぁ、言うメチャメチャ優秀な人間って、どんな奴らだ、と知るには良い本。

色々、面白い話が載っているんだけど、印象に残ったのは、ベンチャーと大企業じゃなくて中小企業との違い。ベンチャーってのは、金もガンガン使うし、優秀な人材もどんどん投入して、急成長を目指すとこ。一方で、中小企業はほどほどの成長を目指すとこ。

だから、アメリカは大企業でなく、ベンチャーに優秀な人間が行くというけれど、ベンチャーに行ったからと言って待遇面が悪いわけではなく、ガンガン金を使って、むしろ高給で引き抜いてきているわけだ。

ベンチャーに行くというと、中小企業的なとこで、待遇は恵まれないけど、上場目指して頑張っています、みたいなイメージがあったのですが、随分、違うというとこだけはよくわかった。

作者 渡辺千賀さんのblog
On Off and Beyond

出井伸之『迷いと決断』

自分自身、ソニー製品を使っているわけでも、入社を志望したこともないんですが、ソニー本というか、ソニー関連の本を読むのは好きで、出ると、よく買っているのですが、最近のソニー本は、今のソニーの不振は、前社長の出井さん時代にエレクトロニクスを軽視した経営を行ったせいというのが流行。

数年前までは、出井さん賞賛本ばかりで、日本を代表する経営者とも、21世紀牽引するリーダーとも言われた方ですが、最近は、一転して、戦犯扱い。

そんなところで、出たのがこの本。
世間の批判に答える本なのかな、と思いきや、後半、少し触れるだけ。
昔ながらの出井節といか、全般的には自分のやったことを肯定的記述した内容。
ある意味、私のやってきたことは間違っていない、という反論か。

確かに、出井氏登場時にこれだけの先行きの見通しを持っていた経営者は少ないし、当時、出井氏が賞賛されたのも頷ける。ただ、どうして、これだけの見識ある経営者を擁しながら、ソニーが失速した理由はここからは見えてこない。

なお、氏は、自身の路線は正しいと今も考えているようだし、短期的にエレクトロニクスに注力しているのが、今の状態と捉えている。また、その短期的(?)な業績悪化も氏の言うとおり、これだけの大企業を率いるのは難しいんです、と言われれば、まぁ、そうなんだけど。

よしながふみ『大奥』

本屋で、「ダ・ヴィンチ」を立ち読みしていたら、大奥2巻発売の広告が!
このところ、気に入っている作品の一つ。
1巻がとても面白かったので、2巻が出るのを楽しみにしていたのですが、いつの間にか発売されていたのね。。。しかも発売、先月だし。連載誌の「メロディ」。パタリロの魔夜先生や成田美名子、川原泉。それに以前は岡野玲子の『陰陽師』も連載されていた雑誌ですから、買ってもいいのですが、それをやったら人生踏み外しそうで・・・。それはともかく、そのまま、マンガ売り場に行って、買ってきました。
そういや、最初に、このマンガをみつけたきっかけも、「ダ・ヴィンチ」だったな。

お話は、いまさら、テレビでやってる大奥と混同する方はいらっしゃらないとは思いますが、将軍が女で大奥が男の園という男女が逆転したお話
江戸初期に発生した男だけがかかるという奇妙な疫病(赤面疱瘡)によって、男子の人口が激減。苦肉の策として、男子は子種を持つ宝として大切にされ、日本は女性が社会担い手となる社会に変貌していく。そして、将軍は、女。大奥は男の園に。

とこう書くと、コメディかBL系か何かと思わかれるかもしれませんが、結構、シリアスな話で面白い。

1巻は吉宗(当然、女。暴れん坊ですが・・・)の時代に、大奥に召し上げられた水野(当然、男 1巻の表紙の人)を巡る話でしたが、別に、男女逆転させなくても、いいんじゃないかな、と思っていましたが、2巻では、その理由、歴史をさかのぼり、男女逆転が起きた家光時代の話。

もう、別のマンガかと思うくらいですが、いっそう重い話。でも面白い。一気に読んだ。

でも、また3巻出るのに半年?1年?くらい待たされるんだろうね。

なお、ここ↓で試し読みできます。
大奥1巻試し読みのページ
最初から、ここ案内するべきだったか・・・。

井上勝生『幕末・維新』

より以前の記事一覧


アクセスランキング
無料ブログはココログ